株式会社コアネクストはジェネクサス・ジャパン株式会社の正規販売店です

GeneXusでの開発

  • HOME »
  • GeneXusでの開発

ユーザービュー

GeneXusでは「ユーザービュー」すなわち、人や外部システムがシステムに対する接点を抽出し、GeneXusの「オブジェクト」で定義することにより、GeneXusが内部構造を分析&自動生成します。

ユーザービュー

GeneXusでの開発の流れ

GeneXusでは、オブジェクトを用いてナレッジベースに定義した内容を解析し、「データベース」の生成(モデリング/DDL生成&実行)と「アプリケーション」生成(ソースコードの生成&コンパイル)が行われます。

開発の流れ

GeneXusで定義するオブジェクト(主なもの)

No 種類 説明
1 obj_TRN Transactionトランザクション GeneXusの要となるオブジェクト。データ構造、UI、ビジネスルールを定義する。ビジネスコンポーネント(BC)化することにより、データ項目・ルールを再利用できる。BCはWebサービスとして公開する事も可能。
2 obj_TBL Tableテーブル トランザクションでのデータ構造定義を受けてGeneXusが自動的に定義する。基本的に第三正規形となる。項目の変更は不可。インデックスの定義はここで。
3 obj_PRC Procedureプロシージャ バッチ処理やサブルーチンを作成する場合に使用する。UIは無い。プロシージャはWebサービスとして公開する事も可能。Ver.Xからはレポートオブジェクトと統合された。PDF出力可。
4 obj_WPL Web PanelWebパネル 参照系の画面を作成する場合に使用する。更新系の画面を作成したい場合は、BC又はプロシージャと組み合わせる。
5 obj_SDT Structured Data TypeSDT(構造体) 複数のデータ項目をまとめて格納する。GeneXusで使用する全てのデータ型をメンバとして定義可能。コレクション型にも設定できる。
6 obj_LNG Language言語 ラベルやメッセージをまとめて定義しておくリソースオブジェクト。日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語、中国語が定義・切り替え可能。
7 obj_DV Data Viewデータビュー 既存システムなどの外部DBにI/Oする場合に利用する。外部DBがあたかもGeneXus内に存在する様に振る舞うラッパーオブジェクト。
8 obj_DP Data Providerデータプロバイダー DBからデータを抽出し、変換・フオーマットし、SDTやXML形式で出力するオブジェクト。Webサービスとして公開する事も可能。
9 obj_DS Data Selectorデータセレクター データ抽出時の条件指定を部品化するオブジェクト。「論理削除フラグ」の様に多数の箇所で同じ条件していする場合に有用。
10 obj_EXT External Object外部オブジェクト ストアドプロシージャ、Webサービス、ネイティブモジュール(.net/java)などの外部オブジェクトをGeneXusオブジェクトからアクセス可能にするオブジェクト。ウィザードでインターフェースを取り込むと自動で作成される。

→ → →  対応環境


Copyright © CORE NEXT Co.,Ltd. All Rights Reserved.